日月 画像 拡大する

じつげつ日月

作家名
シモムラ カンザン 下村 観山
作家英名
SHIMOMURA, Kanzan 
生没年
1873年 - 1930年
制作年
1920年(大正9) 
技法、材質、形状
絹本着色、軸装(双幅) 
縦(高) × 横(幅) × 奥行(厚)
各 145.5 x 51.0 cm
収蔵品番号
89-JP-004 
分野名
日本画 
受入種別
購入

日本一の高さを誇る富士山と、一年中緑色を保つことから長寿を意味する松は、ともにおめでたいことを表します。この作品は、1910年の日韓併合により日本の王公族となった李王家の皇太子・李垠イ・ウンと、日本の宮家(梨本宮家なしもとのみやけ)の長女・方子まさこ女王の結婚を祝して描かれました。その意味を考えれば、この絵は結婚の祝賀であると同時に、絵の中の富士山と太陽は日本を、松と月は朝鮮半島を暗示しているようにも見えてきます。2点で1組のこの作品は、日本と朝鮮半島をひとつに結ぶという、結婚と同じ(政治的な)意味を持っていたのかもしれません。
(日比野民蓉)

Page Top