岩の上の女神 画像 拡大する

いわ の うえ の めがみ岩の上の女神

作家名
モロー、ギュスターヴ モロー、ギュスターヴ
作家英名
MOREAU, Gustave 
生没年
1826年 - 1898年
制作年
1890年頃 
技法、材質、形状
水彩、グワッシュ、紙 
縦(高) × 横(幅) × 奥行(厚)
30.2 x 19.7 cm
収蔵品番号
83-DRF-011 
分野名
水彩・素描(外国作家) 
受入種別
寄贈
寄贈者名
坂田武雄氏

うす暗い洞窟のなかで光り輝く女神。右腕に巻きつく緑の大蛇や頭上を舞う黒い鳥。きらびやかな岩肌を背にしたその表情は、もの憂げにも、いたずらっ気をたたえたようにも映ります。おそらくは、モローの好んだ「ファム・ファタル」(聖書や神話に登場する、男を破滅させる「運命の女」)の女性像がいくつか混ぜ合わされたものです。しかし、その典拠は明らかではありません。また体つきを見れば、にわかには性別の判断もつかなくなります。タイトルで女神という名で呼ばれた者の正体は、はぐらかされ続けるのです。こうした不確かさこそが、この女神(?)のもつ魅力の源なのでしょう。
(南島興)

「じっくりみる この一点 ギュスターヴ・モロー 《岩の上の女神》」(動画 2022年1月)
横浜美術館のコレクションを、解説をあえて加えず、細部のクローズアップや、さまざまな角度からとらえた映像でご紹介します。

「じっくりみる この一点 ギュスターヴ・モロー 《岩の上の女神》」(動画 2022年1月)
横浜美術館のコレクションを、解説をあえて加えず、細部のクローズアップや、さまざまな角度からとらえた映像でご紹介します。

Page Top