海岸の竜巻(エトルタ) 画像 拡大する

かいがん の たつまき(えとるた)海岸の竜巻(エトルタ)

作家名
クールベ、ギュスターヴ クールベ、ギュスターヴ
作家英名
COURBET, Gustave 
生没年
1819年 - 1877年
制作年
1870年 
技法、材質、形状
油彩、カンヴァス 
縦(高) × 横(幅) × 奥行(厚)
65.0 x 81.0 cm
収蔵品番号
83-OF-006 
分野名
油彩その他の絵画(外国作家) 
受入種別
寄贈
寄贈者名
坂田武雄氏

はげしい筆跡とパレットナイフでカンヴァスに押しつけられた白い絵の具が、暗い画面のなかで際立っています。その粗い絵の具のタッチが、岩場に打ち寄せる波しぶきに立体的な物としての存在感を与えています。伝統的な「海景画」のジャンルでは、海を舞台にした人間の営みが主題とされてきました。しかしクールベは、荒れ狂う波から静かななぎまで、時間や天気によって表情を変える海の生命力そのものを画面にとどめようとしました。とりわけ1869年に訪れたフランスのエトルタでは、岩壁に囲まれた海の激しさにつき動かされました。そして翌年にかけて波をクローズアップにした作品を40点ほど描きました。この作品もそのうちの1点です。
(片多祐子)

Page Top